時は流れる

昨日、桐朋学園短期大学演劇科10期生の同期会が恵比寿の同期の店「花まんまじゃが」にてありました。

北海道出身の彼女の店の料理はどれも美味しく楽しい集いとなりました。もう何があってもおかしくない年齢になり1年に一度の集いとなりました。さらに!来年の開催日まで決まるという早技、流石です。

外見は変われど中身はおんなじ、ちっとも変わらない仲間との時間はこゆーい時間でもありました。

病気や親の事や通り一遍の話は勿論やっぱり盛り上がるのはあの頃の恋話。そーいえばあの時さぁ…でね、キャ〜そうだったよね〜。ひたすら演劇を追求していた私にとっては毎回「え〜っ!そうだったの?」と新しい発見があり、それもまた楽しい。

来年はどんな話で盛り上がるのか!楽しみです。

みんな、元気でまた逢おうね。

やっと涼しくなりました

お盆を過ぎたら急に秋の気配

まあ良く眠れること眠れること

私は眠り姫か?というくらい

少しずつ少しずつ気力が湧いてくる

冬生まれの私は夏に滅法弱い

北海道に移住を真剣に考えた時期もあったな

札幌に住んで北大で社会人コースかなんかで

万葉集を勉強したいなどと夢見た

動物のお医者さんと言う漫画が大好きで大好きで

娘と北大の獣医学部を見に行ったほど

「オカンには獣医は無理だよ。患畜が死ぬたびに凹んで絶対落ち込む性格なんだから」

と厳しい指摘、でもその通り!

今は、歌と巡り会い沢山の素敵な出会いがあった

これを幸せと言わずばバチが当たるぞい!

さあ、秋だ秋だ!活動開始だ!

 

変わり目

しばらく腹痛が続いていたので

13年ぶりに大腸内視鏡検査を受診

13年ぶりと言うのは先生に言われて知った!

13年前にも言われた憩室が今回沢山見つかり

腹痛の原因は一部癒着しているからだそうで…

体質と年齢的な事も関係しているとの事

あ〜そういうお年頃なんだなぁと変に納得

ポリープ3個摘出細胞診の結果はオーケー

じゃさあ、お腹痛い時はどうすれば良いのか聞き忘れたので

近所のかかりつけ医院で薬を貰おうかと思ったけど

我慢できるからしばしほっとくかな

命に関わるほどではないけど不定愁訴

加齢とかストレスとか便利に一括りされてしまう

変わり目なんだなぁ

壮年期⇨老年期

粛々と受け入れようそして前向きに生きよう

緊急告知❗️

  1. 本日の猫の隠れ家ライブは

台風の為中止と致します!

またのご来場心より

お待ち申し上げます。

petitrose

 

何てこったい!

6月のうちに梅雨が明け地震もあちこちで

地球環境が目まぐるしく変化しているのに

この国の国会は一向に先に進まない

大丈夫か?

あ〜私が心配してもしょうがないんだけどね

平凡な人間である私は日々の事で精一杯

おかしいなぁ、、、若い頃は未来はもっと輝いてたような気がする

少なくとも今日よりは明日はきっと良くなると思えた

歳をとったから未来がくすんで見えるわけではない

日々一生懸命働き生活を積み上げることが未来を作る

と、信じていたんだよね

今、明日が見えないんだから

未来なんか見えるはずはないよね

おかしいなぁ、、、そりゃチョットは親不孝したけど

ずーっと働いて働いて、、、

今もそれは変わらない

まあ、元気で働ける事だけでも有り難いと思うかな

働いた後のご飯やお酒は美味しい

ささやかなしあわせ

奪われてなるものか!

 

合掌

また一人シャンソン界の素敵な方が旅立ちました

古賀力さんです

たくさんのシャンソンの訳詞をされ

国内外のたくさんのミュージシャンが

赤坂の彼の小さな店「ブン」に集いました

私も何度か伺い歌わせて頂きました

いつもニコニコされているお母様と

素敵なシャンソン歌手でもある奥様と

お二人を見つめる古賀さんの眼差しのなんと優しいこと

忘れられない思い出です

6月9日のライブでは古賀さんの素晴らしい訳詞の歌を

心を籠めて歌わせて頂きます

たくさんの歌をありがとうございました

心より御冥福をお祈り申し上げます

偲ぶ会

昨日3月24日は桐朋学園の恩師

永曽信夫先生の偲ぶ会でした

昨秋突然旅立ちました

春の同窓会の総会ではお元気でしたのに・・・

ただ、少しお痩せになったなぁとは感じました

秋には、またお伺いして泊まらせて頂こうねと

友人たちと話していたのです

先生の素敵なご自宅に伺える事を楽しみにしていました

そのまま記念館になり得る素晴らしいご自宅

膨大な演劇に関する書籍と美意識の結晶

富山湾を眺めながら書斎での先生の魂は

日本中、いえ世界をも超えて

宇宙さえもさすらっていたのかもしれません

いつかそちらで再会したら又演劇談義をしましょう

ありがとうございました

 

 

 

 

はや2月

とうとう平成30年となりました

最後の平成です

今年の私の目標は断捨離

この何年かは毎年同じ目標

捨てられない性格では無いのです

時間とヤル気の問題、、、良く分かってます(笑)

もう一つの目標

行きたいところへ行く!

行きたいと思ったら行く!

今までは周りの事を考え躊躇していた自分がいる

でもね〜足腰丈夫じゃ無いと行けないもの

動けなくなった時が万一来たら

ベッドの上で、あ〜あの時は楽しかったな

あそこは素敵だったな

あの人と出逢えて幸せだったなと

たくさんの思い出が溢れるように

うん、断捨離と行動!

まだ2月!

 

寂寥感

今 母と同居しているのです

現在87歳 もうすぐ88歳になります

その母が重度の貧血で先日検査入院をしました

幸い命に関わるような病気ではなく

11日の入院で無事退院しました

実は私はものすごいファザコンで

つまりお父さん大好き人間なんです

旅立って23年が過ぎました

母と同居していてもフロアが違うので

気配であ〜何となく動いてるな

程度の日々でした

ところがどっこい!

病院まで送り帰宅した時の言葉では言い表せないような

寂寥感に襲われ、、、不覚にも涙

私は 母も好きだったんだな、、、

まるで初めて自覚したような夜でした

親孝行したい時には親は無し

その通り

昔の人はエライ!

 

経験

10月27日の夜中に東京を出発し

南三陸のNPO法人Earth Campで1泊し

翌日、岩手県大槌町へ行きボランティア公演を行いました

延べ8時間の車での移動でした

往復16時間の道のり

そして30日の午前2時帰宅

初めて見る三陸から大槌にかけての被災地

言葉で伝えるにはあまりにも・・・

暖かく迎えてくださった現地の人々

感謝の一言です

これで終わりではなく、ここから始まるのだと

強く強く思いました

また来てください!の言葉に頭が下がりました