骨が抜けないのです

もうすぐ平成が終わり令和になりますね

メディアでは皇室関係の話題が毎日

昭和天皇から平成天皇そして令和天皇へ

3人のご尊顔を拝見しますと生きて来られたお顔が

時代を象徴しているように思えてなりません

今回の改元で改めて昭和天皇のお顔を拝見しますと

やはり戦争を経験し敗戦を経験し

その後の昭和を生きて来られた何か重みのようなものを

感じました

平成を戦争の無い時代で終える事ができる事の安堵

そして令和…決して戦争をしてはならないと強く思います

世の中、改元に湧いております

そんな中アーチェリーの会場が出来上がりました

やっぱりやるんんだなぁ…というのが正直な感想

莫大お金を掛けてやる訳です

オリンピック

目指して頑張っている選手たちのオリンピックへの

思いはとても良くわかります

でも震災の復興が先なんじゃないのか?

という思いは喉に刺さって取れない骨のように

抜けません

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です